>

基本的な情報比較

大学で得られるもの

導入文でも申し上げた通り、一番の強みは卒業することで大卒という学歴を得ることが出来ることです。
就職及び転職活動時に必ず引っかかるのが大卒フィルター、大卒以上でなければ応募する資格すらないのでいくら志望してもそこへの就職は叶いません。

また幅広い分野で学ぶことが出来、必修科目を除いて自身で時間割を組むことが出来るので退屈でつまらないという無駄な授業時間を最低限に抑えることが可能です。
ぎっしり時間割を埋める必要がないので自分の趣味やアルバイト時間の確保は容易ですが自己管理が出来ない人間には絶好の甘える機会となってしまいます。

学力さえあれば何の目的も無しに大学への入学は可能ですがそれでは在学中の4年間を棒に振ることになります。
大卒という最低ラインを企業が用意しているだけで本当に企業側が求めているのは学歴ではなく貴方自身の潜在能力です。
数多の志望者を見てきた人事担当者であれば容易く見抜かれます。

専門分野で得られるもの

専門学校はその名の通り特定の職業に必要な技術や知識を身につける学校。
専門教育の授業が大半を占める為、裏を返せば特定の職業以外ではあまり役に立たないということになりますから、この職業に就きたいという明確なビジョンが無い限りは多方面から学びを得られる大学の方が良いかもしれません。

しかし目標までしっかりと見据えられている人からすればこの専門学校は真価を発揮する絶好の舞台となるでしょう。
実習が多いので卒業後は即戦力として働くことが可能になりますがやはり実習が多いということは遅れを取り戻すのがなかなか難しいので短時間でも抜けてしまうと周囲との差が顕著に表れます。

ちなみに専門学校では専門職だけの就職しかサポートしてくれないかというと一般職に関しても多少なりとも支援はあるので万が一という時はそちらを頼ることも出来ます。


この記事をシェアする

▲ TOPへ戻る