大学と専門学校で迷った時は何を基準に決めるべき?

後悔しない学校選びの為の情報サイト

基本的な情報比較

専門学校では特定の分野に特化した技術や知識を身につけられますし大学では幅広い分野を学ぶことが可能、何より卒業してしまえば大卒という肩書きを手に入れる事が可能です。 他にも具体的にどのようなメリットデメリットがあるのかそれぞれ見ていきましょう。

最優先は今何を学びたいか

大学、専門学校へどちらへ進学をしても高い学費を取られることは必須。
高いお金を払って後で入らなければ良かった、別のことを学びたかったなどと後悔するほど馬鹿らしいことはありません。
そうならない為にもまずは大まかに大学と専門学校の学費の比較をしていきますので参考にして下さい。

一部例外もありますが大半の学校は大学だと4年制、専門学校だと2年制となっており当然在籍年数の少ない専門学校の方が学費は安くなります。
大学は大学でも私立より国公立大の方が学費が安いのは有名ですね。
また専門学校の場合は専攻によって大きな幅がありますが平均を取ると1年あたりの学費を比較しても私立大学と大差ないようです。
それに加えて奨学金制度がありますからお金が無いからという理由だけで大学ではなく専門学校を選ぶということだけは決してしてはなりません。

無理なく月々の返済が可能ですから多少時間はかかっても卒業後に就職して焦らず返済していけば良いだけの話です。
しかしこれだけは覚えておいてください。
奨学金という言葉を使っているだけでこれは実質借金に等しいです。
無利息のものもありますがそれには条件がありますし基本的には利息ありの返済。
このあたりの認識をしっかりしておかないと計画な返済など出来るはずもありません。
その他、奨学金に関しては主に日本学生支援機構というところにお世話になりますのでホームページは要チェックです。
返済シミュレーションを行うことも出来ますから月々いくらの返済で何年後に完済出来るかなど具合的なイメージを湧かせることが可能です。

多額なのは学費だけではない

例えば貴方が明確に将来就きたい仕事があったとしてその仕事に特化した専門学校もしくは卒業生の多くが就職している大学を探すことでしょう。 当然幾つか候補は出てくるわけですから今度はその中から選ぶ必要があります。 また学校は遠方近方ありますが学費以外にもお金がかかるということは忘れてはいけません。

興味から進路を見つける

結局のところ大学に行くべきか専門学校に行くべきか悩んでいる人はまず自分が何をしたいか考えましょう、そうすれば自ずと答えは出てくるはずです。 とにかく少しでも自分の興味のあることを見つけることが大切です。 興味のないことを無理して学ぶことほど苦痛なことはありません。

▲ TOPへ戻る